2005年08月31日

Cryptologicのボーナス その4 各論2、おまけ

8 Limitかno-limitか
一般的には、Limitのテーブルでプレーするか、no-limitのテーブルでプレーするかは各自のプレーする動機により変わってきます。no-limitトーナメントの序盤戦の練習と位置づけるのであれば、no-limitでタイトにプレーをすることにより、ボーナスを獲得しつつトーナメントの練習をすることができます。ただし、no-limitテーブルのrakeの刻みはLimitのテーブルに比して細かくなっており、少額のPotでもrakeが徴収されることに留意する必要があります。また、no-limitのbad beatは、往々にして高くつくことがあります(もちろん、大きなPotを獲得したときに喜びも麻薬的なものではあります)。
私の場合は、当初はno-limitのテーブルでボーナス獲得を行っておりましたが、ここ数ヶ月は1/2のLimitのテーブルでのタイトなプレーに落ち着きました。

9 為替にまつわるテクニック?
Total Bet、UK Betting、Littlewoodsの預け入れはポンド建てになります。ドルや円をポンドに交換する場合、考えなければいけないものに@為替手数料とA為替変動リスクがあります。@の為替手数料は、通常、交換する額に応じて比例的に(例えば、交換額の1.9%)徴収されますが、預け入れる(交換する)額を少なくすることにより、為替手数料の節約をはかることができます。また、Aの為替変動リスクは、コントロールすることはできずに甘受するものではありますが、交換するタイミングを複数回にすることにより、為替レートの平準化を図ることができます(主に引き出しの際に考慮すべき事項)。

10 出金のテクニック?
William Hillを除き、引き出しには1ユニットの手数料がかかります。(また、小数点以下は切り上げです。つまり、0.01の引き出しも1となります。ここから先は、各自お考えください。)

11 Poker Trackerの活用
ボーナス獲得の際に、何時間プレーしたのか、また、何手プレーしたのか、といったことを管理しなければいけません。私は、Poker Trackerというソフトを活用しています。

おまけ カジノが近くにあるらしい
William Hill、Total Bet、UK Betting、Littlewoodsはカジノが併設されている模様です。また、それぞれ25GBPのボーナスが用意され、500GBPのWagerで手に入るeasy ボーナスのようです。William HillとLittlewoodsは、デポジットに対しボーナスがつくようです。他方、Total BetとUK Bettingは、デポジットの必要はなく、500のwagerでボーナスが振り込まれるようです。ただし、たくさんチップを持った状態でカジノに入場すると、tiltになったときに、大やけどをします。お気をつけ遊ばせ。
posted by ヘタ・ヘタオ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Cryptologic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cryptologicのボーナス その3 各論1

U 各論
5 どの通貨建てのテーブルでプレーすべきか
ボーナス獲得に焦点を当てて以下、記述します。Cryptologicのポーカールームでは、USD、GBP、Euroと3つの通貨のテーブルから選ぶことができます。ここで場所代(rake)を考えてみると、各通貨建てのテーブルともに3ユニットを上限として、potの大きさに比例してrakeを算出しています。ここで通貨の強さの関係がUSD < Euro < GBPであることを考慮すれば、USDのテーブルでプレーすることが場所代の最小化を図ることができます。
もちろん、別目的(魚釣り)でプレーする場合には、rakeを多少余計に払っても、比較的緩いと言われているEuro, GBPのテーブルでプレーすることにより有り余る収益をあげることができるかもしれません。あとは、各自お試しあれ。

6 10人テーブルか6人テーブルか
Cryptologicのポーカールームでは、10人テーブルと6人テーブルの2種類が提供されています(あと、heads-upもあるようですが、ここでは無視します)。ボーナスの獲得を主目的にした場合には、Blindでバンクロールを削られる回数が少なくなる10人テーブルがより適していると考えられます。もし、1時間当たり50 handsのテーブルで、すべての手をFoldした場合、7.5 USDのBlindを場に提供することとなりますが、それでも1時間当たりのボーナスである5GBPを下回っています。10人テーブルでAA、KK、AKだけプレーをするというのも一つの選択肢かもしれません。
6人テーブルでプレーする場合には、12USD強のBlindを場に提供することとなります。これは1時間当たりのボーナスを上回るものとなります。6人テーブルでは、スターティングハンドの基準を引き下げ、Bluffを含めより積極的にPotを取りにいく必要があります。

7 効率を上げるには
複数のテーブルを同時にプレーすることにより、ボーナス獲得の効率をあげることができます。例えば、Total Betで同時に5テーブルを1時間プレーすれば、25GBPを1時間で獲得することができます。ただ、複数テーブルをプレーするには、広いモニターと集中力が必要となります。1024×768の画面を用いてプレーしている私の場合、3テーブル同時プレーが管理できる限界であり、実験的に5テーブルをプレーしたときには、テーブルスポーツというよりは、スポーツの域に達していました。
もちろん、複数テーブルプレーの弊害はあります。一つは、集中しているとは言え、ミスプレーの確率が上昇します。間違ってAAでFoldを押す分には涙を出すのみですみますが、J5oのようなジャンクな手でreraiseをした日には、バンクロールを傷つけてしまいます。また、対戦相手の観察が不十分(というよりは、ほとんどできません)となり、ブラインドスティールやsemi-bluffといったPotを獲得する技を使いにくくなります。
posted by ヘタ・ヘタオ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Cryptologic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cryptologicのボーナス その2 総論

T 総論
1 Cryptologicのポーカールーム
月々のボーナスを提供しているCryptologicのポーカールームの中で、このBLOGで取り上げるポーカールームは以下の通りです。

(1) 1時間当たり5GBP、最大25GBP
William Hill、Total Bet、UK Betting

(2) 250 handsで25GBP
Littlewoods

(3) 300 handsで50USD
Poker Plex

(参考1)以下は、月々のボーナスを提供しています条件が悪いので取り上げません。
Interpoker、Carribean Sun

(参考2) 以下のCryptologicのポーカールームは、アカウントを登録していないため取り上げません。
Classic Poker、Ritz Club、Betfair

2 なぜCryptologicのポーカールームなのか
Cryptologicのポーカールームが提供するボーナスの条件は非常に緩く、William Hill、Total Bet、UK Bettingでは記した通り1時間あたり約1,000円です。また、LittlewoodsやPokerPlexも通常であれば1時間あたり50 hands以上のプレーはできるので、1時間あたり約1,000円をとなります。これは、Party Poker系列やAbsolute、Stars、Paradiseといった同業他社のボーナスに比べ、緩いと考えられます(厳密な検証は後ほどということでお許しを)。
$1/$2 Limitの10人テーブルで、スターティングハンドを絞り、タイトにプレーした場合に、1時間5BB (≒5GBP≒1,000円)を失うのは、なかなかできるものではありません。このあたりは後ほど記す私の結果をもって傍証とすることで許して下さい。

(注1)ポーカールームは、勝者からrakeと称する場所代を徴収することにより収入を得ており、これが支払うボーナスの原資となります。逆に言えば、ポーカールームでポーカーを楽しむためには、勝った場合に場所代を払う必要があります。場所代とボーナスの関係は後ほど(時間があるときに)書きたいと思います。

(注2) Littlewoods やPoker Plexのボーナスの条件は、多くのポーカールームで採用されているraked handsではなくhandsです。つまり、ブラインドスティールのように、rakeが発生しないプレーもカウントされることになります。


3 Crytologicのポーカールームの弱点?
同業他社に比べソフトのスピードが遅いような感じがします。また、Hand History機能において、相手のmuckした手を見ることができません(muckされた手を覗き見する機能は某ポーカールームのHand History機能で提供されています。これがあると、Bluff男もしくは女を見つけるのに役立つのですが。。。)また、カスタマーサポートに関しては、素早い対応を期待すると大いに失望すること間違いなしです。

4 ボーナスをもらうための条件
William Hill、Total Bet、UK Betting では、Limitやno-limit、通貨に関係なく1/2のテーブルでプレーすることが条件となります。1時間プレーするごとに5GBPがアカウントにクレジットされます。Littlewoods やPoker Plexでは、通貨に関係なく、Limitの場合には1/2、No LimitとPot Limitの場合には0.50/1.00 でプレーすることが条件となります。所定のhandsをクリアーするとアカウントにボーナスがクレジットされます。ボーナスがクレジットされるタイミングは、テーブルを離れた後です。
なお、条件の変更(もしくは、悪化)は、この世界では常に起こりうるものです。プレーする前にご自身での確認をお願いします。
posted by ヘタ・ヘタオ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Cryptologic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cryptologicのボーナス その1 はじめに

Cryptologicのポーカールームのボーナスについてまとめてみます。これをやってしまうと、BLOGに書くことがほとんどなくなってしまいます。今後は、結果報告と、いろいろな失敗談でも書きましょうか。それでは、どうぞ。

構成
T 総論
1 Cryptologicのポーカールーム
2 なぜCryptologicのポーカールームなのか
3 Crytologicのポーカールームの弱点?
4 ボーナスをもらうための条件
U 各論
5 どの通貨建てのテーブルでプレーすべきか
6 10人テーブルか6人テーブルか
7 効率を上げるには
8 Limitかno-limitか
9 為替にまつわるテクニック?
10 出金のテクニック?
11 Poker Trackerの活用

おまけ カジノが近くにあるらしい
posted by ヘタ・ヘタオ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Cryptologic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

Party SNG報告

Partyのreload bonusがはじまりました。相も変わらず20%、100 maxと美味しいbonusですので、皆さん取りに行きましょう。
さて、bonus獲得のためのringを始める前に、ここで一度10+1 SNGの結果をとりまとめます。
6/17から8/3まで59ゲーム戦い、buy-in 649に対し、獲得賞金総計が940、netで291となりました。ROIが44.84%、1位9回、2位11回、3位8回と47.46%のin the money率でした。
時給換算するとばからしくなりそうなのでしません。

posted by ヘタ・ヘタオ at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Party | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

UKBetting Poker

TotalBet系列のUKBetting Pokerを追加します。

bonusの概要:毎月25ポンド
bonusの条件:1-2のテーブルで1時間プレーすると5ポンドがクレジットされます。毎月5時間プレーすることにより最大の25ポンドを入手できます。
おすすめ攻略法:(NLやPL、limit問わず)1-2のテーブルで5時間以外に必要な要件はありません。スローペースなテーブルを見つけましょう(plays / hour が少ないテーブルのことです)。あとは、一時間あたりのプレー数が少ないテーブルは、looseなテーブルである可能性があります。もし、looseなテーブルであった場合には、starting handの基準を厳しくした上でaggresiveにプレーしましよう。
留意事項:カジノ併設です。500ポンドの賭け(一部除外ゲームあり)で25ポンドが口座に振り込まれるようです。
posted by ヘタ・ヘタオ at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Cryptologic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Totalbet Poker

続いてTotalbet Pokerです。
bonusの概要:毎月25ポンド
bonusの条件:1-2のテーブルで1時間プレーすると5ポンドがクレジットされます。毎月5時間プレーすることにより最大の25ポンドを入手できます。
おすすめ攻略法:(NLやPL、limit問わず)1-2のテーブルで5時間以外に必要な要件はありません。スローペースなテーブルを見つけましょう(plays / hour が少ないテーブルのことです)。あとは、一時間あたりのプレー数が少ないテーブルは、looseなテーブルである可能性があります。もし、looseなテーブルであった場合には、starting handの基準を厳しくした上でaggresiveにプレーしましよう。
留意事項:カジノ併設です。500ポンドの賭け(一部除外ゲームあり)で25ポンドが口座に振り込まれるようです。
posted by ヘタ・ヘタオ at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Cryptologic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。